2008年10月13日

安定領域(機動戦士ガンダムOO 2nd season 第2話 ツインドライヴ)

機動戦士ガンダムOO 2nd season 第2話 『ツインドライヴ』」でストーリー、「機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第2話「ツインドライヴ」」で台詞、「機動戦士ガンダムOO 2nd season 第2話 「ツインドライヴ」」で画像も紹介されているので、それらはそちらにお任せするとしませう。

今回のタイトルにもなっている「ツインドライヴ」は、安定領域に達して初めて性能を発揮するようだ。

太陽炉は一種の発電機だとみなせば、安定領域で稼動するということは、2つの発電機が同調して回る状態になることである。これが簡単なようで難しい。

数値計算やアナログシュミレーターを用いた実験をしたことがある人ならば分かるかもしれないが、条件が無限にある中では不安定領域はかなり広くなる。

今回、ツインドライヴが安定領域で稼動したことは、こんな背景を知っていれば、もっと興奮することなのだが、果たして、見ている人たちはどれだけの興奮を得ただろうか...

posted by jack at 11:49| Comment(27) | TrackBack(13) | 関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

オートマトン(機動戦士ガンダムOO 2nd season 第1話 天使再臨)

機動戦士ガンダムOO 2nd season 第1話 『天使再臨』」でストーリー、「機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第1話「天使再臨」」で台詞、「機動戦士ガンダムOO 2nd season 第1話 「天使再臨」」で画像が紹介されているので、それらはそちらにお任せするとしませう。

今回出てきた無人殺戮兵器「オートマトン」。

「吾が輩は猫である」の中にある「オートマトンの基礎」や桔梗宏孝教授(神戸大学大学院工学研究科情報知能学専攻)のサイトにある資料「オートマトンと形式言語 概要」(pdf)に紹介されているが、細山直樹氏の「ソフトウェア基礎理論 4.1 オートマトンとは」で紹介されている説明がパッとみて分かりやすい。
述語論理では、問題があれば常に答えは一定でした。しかし、オートマトンでは出力は入力の関数とは限りません。「状態」というものにも寄ります。
すなわち、無人殺戮兵器「オートマトン」は、前に立ちはだかるものをすべて破壊するというおバカな機械ではなく、状態すなわちここでは状況(?)に応じて、つまり、人間がいれば、という状況に応じて、殺戮するということか...(コゥェー)

posted by jack at 09:46| Comment(5) | TrackBack(1) | 関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

セカンドシーズン 10/5始動

機動戦士ガンダム00のサイトによると、10/5よりセカンドシーズンが始動するとのこと。
西暦2312年。

ソレスタルビーイングと、国連軍との最終決戦から4年。地球連邦政府を樹立した人類は、さらなる国家の統合、人類の意思統一を目指すべく、連邦正規軍とは別に、独立治安維持部隊『アロウズ』を組織する。しかし、その実態は、統一に名をかりた反政府勢力や主義、思想等への非人道的な弾圧であった。

夢を叶え、ルイス・ハレヴィとの約束を守るべく、宇宙技術者の道に進んだ沙慈・クロスロードも、否応なく連邦政府の改革に巻き込まれていく。

一方、4年前の最終決戦で生き延びた刹那・F・セイエイは、ソレスタルビーイングによって変革を促された世界の行く末を見つめていた。監視者、アレハンドロ・コーナーを倒し、争いのない平和な世界になることを夢見て。しかし、彼が目の当たりにしたものは『アロウズ』によって作られた弾圧という名の平和、歪み続ける現実であった。彼は再び戦う決意をする。世界を変革出来うる力、ガンダムと共に。

再び動き出す世界で刹那や沙慈の進み行く先はどこに向かうだろうか?
楽しみ!

posted by jack at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

ナドレ:両性具有者

ナドレとは、両性具有者を意味するようである。世界には男性と女性が存在するが、両性具有者であれば、それはある意味で「完全」を意味するのかもしれない。以下、「 ベルダーシュ(berdache)」より。
先住民のなかでも最大といわれるナバホ族には「ナドレ」と呼ばれる女装者で性の中間者がいました。ナバホの神話や伝説、あるいはナドレに関する記録からすると、ナドレは決して「女を真似る男」であったわけでなく、男女両性にまたがる両性具有的なイメージを持っていました。ナドレはナバホ神話のなかで男女のよき理解者であるとされ、実際に、夫婦の間でもめごとがあれば、ナドレがすぐに呼ばれその調停者になったのです。
 ナバホ社会においては、性による仕事の完全な分化により、男は狩猟・交易・戦以外に仕事がなく、女がそれ以外の一切の仕事を受けもっていました。女の仕事は、家事・農耕・子の養育・家畜の世話・工芸的な手仕事(革細工、寵作り、織物)などです。
 男はナドレとして生きることにより、女によって占有されている工芸などの美的な創造の領域に入り、ある面では他の男たちよりずっとクリエイティブに生きたのです。
 ナドレのなかには男色者もいましたが、男色が一般に認められているナバホ社会では、ナドレにならなくても同性愛者として生きることができ、同性愛者として生きるためにあえてナドレになる必要はなかったのです。
 ナドレは他の者たちから「彼/彼女」という双方の代名詞で呼ばれていて、ナバホ社会のなかでは、敢えてナドレの性別を決定する必要はなかったようです。
posted by jack at 22:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

ガンプラ:ガンダムエクシア

gandum1.jpgガンプラを作ってみると、MSの様子がとてもよく分かることを発見。

何をいまさら、という気もするが、やはり、3次元で作ってみることは大切だ。




gandum2.jpg例えば、この太陽炉の部分。こんなふうになっていたのか〜と改めて実感。

やはり2次元のアニメとはちょっと印象が違ってよく分かる!

やっぱりガンプラはいいなぁ〜♪




 
posted by jack at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

「機動戦士ガンダム00フェア開催中」だと知っていれば...

公式サイトの11/21付けニュース「機動戦士ガンダム00フェア開催中」によると、
全国のアニメイト各店で機動戦士ガンダム00フェアを開催中です。
機動戦士ガンダム00関連商品をお買い上げ・ご予約¥1,000毎に【ミニフォトシール】を1枚プレゼント中。

期間:
 11/16〜12/16
とのこと。奇しくもGUNDAM'Sでガンプラを買ったのが11/22。知っていたら、スグ近くのアニメイトにも立ち寄ったのに..._| ̄|○

0711211734410.jpg 0711211734411.jpg
posted by jack at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

スメラギとは「皇」?

Wikiでみてると、「君主の称号に由来する姓」というところで、
皇(すめら、すめらぎ)
というのが出ていたけれど、スメラギさんってこの「皇」というところから偽名を取っているのかな?
 
posted by jack at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

シャアの人気にあやかる商売...でも欲しいかも...(^^;

シャア専用にザクII型…“モビルスーツケース”登場」によると、
バンダイネットワークス株式会社は、1979年放送のテレビ作品「機動戦士ガンダム」の主要人物「シャア・アズナブル」が搭乗したモビルスーツ「シャア専用ザク」と量産型モビルスーツ「ザクII」をコンセプトとしたスーツケース「CARGO BAG」を26日から発売する。

 スーツケースは、劇中に登場するジオン公国の最強兵器であるモビルスーツ「シャア専用ザク」と「量産型ザクII」をモチーフにデザイン。正面部分にダイキャスト金属プレートでゴールドとシルバーで彩られたジオン軍の紋章を、側面には「機体名・型式番号」とジオン公国のロゴが施されている。全体は戦闘的なソリッドカラーで塗装され、内装も細部までジオン公国のシンボルマークのジャガード織りで彩っている。

 素材には強度の高いABS樹脂を採用、さらに凹凸のあるボディで強度を高めたうえ、施錠には米国運輸保安局公認のキーロック装備「ロータリーロック」を導入。強度や安全性など実用面でも魅力的な商品。

 各25,800円で、予約はバンダイネットワークスのサイト「LaLaBit Market」か、携帯電話サイトであるバンダイネットワークス「バンダイキャラストア」から。

 「機動戦士ガンダム」は1979年4月の初放送から不動の人気を誇っており、専門誌の登場やプラモデル、フィギュアなど関連グッズの売り上げも好調。「見せてもらおうか連邦のモビルスーツの性能とやらを…」。スーツケースはシャアのこの不敵なセリフが聞こえそうなマニア垂涎の仕様となっている。

とのこと。

しかし、いつまでシャアの人気にあやかる商売は続くのか?

でも、米国運輸保安局公認のキーロック装備「ロータリーロック」が付いてるなんて、ちょっとイイかも!欲しいかも!!

にほんブログ村 アニメブログへ←他のアニメブログもチェック!!!
 
posted by jack at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とうとうバレてしまったか...で、パイロットは?

防衛省「ガンダム開発」計画 幹部の「マジ発言」だった [10月31日18時55分](J-CASTニュース)によると
「ガンダムの実現に向けて」の展示イベントなどを知らせる防衛省技術研究本部のHP

根強い人気を誇るアニメ「ガンダム」を防衛省が「開発中」とインターネット上で話題になっている。発端は、防衛省関連行事の資料に「ガンダムの実現」という文字が出ていたこと。実は一担当者の「茶目っ気」ではなく、防衛省技術研究本部の幹部が明言している内容だったことが分かった。防衛省はどこまで「本気」なのか。

ガンダムとは「先進個人装備システム」のこと

ガンダムは全長18メートルの「モビルスーツ」(人型機動兵器)だ。人が中で操縦するが「単なるロボットではない」とファンの間で特別な位置付けをされている。第一作目は30年近く前の放映だが、続編を含め未だに人気が続いている。

「防衛省がガンダム開発中」という話題は、2ちゃんねるでスレッドが2007年10月31日現在、20本以上立つ人気ぶりだ。防衛省技術研究本部のホームページで公開された情報を引用して紹介している。東京都内のホテルで、「防衛技術シンポジウム2007」の一環である「展示セッション」(11月7、8日)の展示品名欄に「ガンダムの実現に向けて」という項目が記載されていたのがきっかけのようだ。一般公開で誰でも参加できるイベントだ。

また、HP上の同じ展示品名欄には「小型ロボット」の項目もある。「ガンダム実現」「ロボット」とくれば、ガンダムファンならずとも少しは期待が膨らむかもしれない。もっとも、「ガンダムの実現に向けて」の表記の後には丸括弧書きで「(先進個人装備システム)」と「種あかし」が行われている。ネット上の反応も、さすがにホテルの展示会場に全長18メートルのモビルスーツが飾られている訳はない、と冷めたものも少なくない。

しかし、「先進個人装備システム」がガンダムと無縁かというとまんざらそうでもなさそうだ。先進個人装備システムとは、コンピューターを内蔵し自分の身体状況が分かるセンサー付きの防弾チョッキや自分の居場所が分かるアンテナ付きヘルメットなどを指す。生身の人間の能力を超える力をサポートする「パワードスーツ」は、SF小説などに描かれてきたが現在は医療用や兵器用に開発が進んでいる。ネット辞典「Wikipedia」の「パワードスーツ」の項目によると、「SF小説『宇宙の戦士』のパワードスーツが後に(略)『機動戦士ガンダム』にヒントを与えた」。発想として個人装備システムとガンダムをつなげるのは不思議ではない、といえそうだ。

「将来的には、ガンダムのようなものを目指す」

それにしても、防衛省技術研究本部が展示責任を持つイベントの一部に「ガンダム」の名前を使ったのは、イベント用の「客引き」のための発想だったのだろうか。J-CASTニュースが技術研究本部の広報担当に取材すると、先進装備システムのことを「ガンダム」と以前から呼んでいる幹部がいたことが分かった。同本部の秋山義孝・事業監理部長だ。広報を通じて秋山部長に確認すると、「イメージとして個人的に(ガンダムという表現を)使っている」そうだ。防衛問題を扱う月刊誌「MAMOR」(扶桑社)4月号でも、秋山部長が先進装具システムの一部について「将来的には、有名なアニメ、ガンダムのようなものを目指すという意味でガンダムと呼んでいる」と発言している。「将来的には、巨大ロボットを作ることも視野に入れているのか」と聞くと、広報担当は「一般的に開発計画の将来的なことは回答できません」。

シンポジウムを担当する技術研究本部の企画課は「ガンダムというフレーズを使ったのは、堅いイメージの役所が行う発表会が少しでも分かりやすく親しみやすくなれば、という思いもあった」という。展示会場には、「ガンダムの実現に向けて」のコーナーにも説明担当係がいて、一般の人にも説明する。企画課担当者は「なんだ、ガンダムなんてどこにもないじゃないか、と怒る人もいるかもしれませんね」と少し心配そうだった。

とのこと。

とうとうバレてしまったか。防衛省によるガンダム開発計画が...

で、パイロットはいつ募集するんだろ?

にほんブログ村 アニメブログへ←他のアニメブログもチェック!!!
タグ:ガンダム
posted by jack at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

「ガンダム使用ローマ字、いくつ目?」なんてどうでもいいと思うのだが...

ガンダム使用ローマ字、いくつ目?」によると、
…ガンダムの作品タイトルといえばGだのWだのXだのと、ローマ字のアルファベットを冠することが多い。今回の新作ダブルオーでは、「O」が採用されたわけだが、歴代いろんなガンダムが登場し、今後も当分ガンダムシリーズが続くことは間違いない。
・・・
まず、テレビシリーズから。“Z”から始まって、“ZZ”、“V”、“G”、“W”、“X”、それから、これは数学記号ではあるけれど、“ターンエー”、ムリヤリこれを“Aのなかま”にしてしまうと、これで6文字。

他にも劇場版の『機動戦士ガンダムF91』では“F”が、模型誌主導の企画としてスタートした『ガンダムセンチネル』に登場する、「Sガンダム」もある。それからコミック作品では、「Dガンダム」というのも登場。

そんなわけで、ダブルオーも入れて、これでいくつだ。
<A、D、F、G、O、S、V、W、X、Z>
これで10文字。
・・・
そんな余計な心配しなくても、ずっと前から『0080』とか『08小隊』とか『クロスボーン』とか、最近では『SEED』とか、ローマ字関係無くカッコいいタイトルのガンダムもたくさんあるわけだし、そこに登場するガンダムの名称にしても、ローマ字を使用していても、「NT-1」とか「GP01」とか「Ez -8」とか、組み合わせ技を導入していたりと、ローマ字1文字にまったくこだわってない、というか、ローマ字使用系自体が結構久しぶりなわけだ。ちなみに小説での新作は、『ガンダムUC(ユニコーン)』と、2文字使用。

そして、実は「ν(ニュ−)」とか「クスィー」とかギリシア文字系の、「アナハイム製ガンダム」という系譜があって、これが「リックディアスがγガンダム」「百式はδガンダム」と、劇中には出てこないが、きっちりと開発順に振り分けられている設定も存在している。
だいたい最初の続編である『Zガンダム』からして、『ゼット(もしくはズィー)ガンダム』ではなく、『ゼータ』と、ギリシア文字扱いなわけだし。最初ですでにつまずいていたわけだ、オレ。

……すっかりグダグダですが、ガンダムはきっと枯渇することなく、半永久的に続きそうだということが分かった、ということで。
とりあえず、『ダブルオー』に、期待。
とのこと。

うーん、正直それがどうしたという感じ。無理やり記事を作ったのか?

参考文献:機動戦士ガンダム MS大全集2006―MOBILE SUIT Illustrated 2006 (Dセレクション)

にほんブログ村 アニメブログへ
タグ:ガンダム
posted by jack at 16:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

「機動戦士ガンダム00」DVD第1巻 2008.1.25発売開始!

ガンダム00の公式サイトによると、
「機動戦士ガンダム00」のDVD第1巻が2008年1月25日(金)より発売開始されることが早くも決定!
 
「機動戦士ガンダム00」
DVD第1巻 2008年1月25日(金)発売開始
(2話収録/税抜価格3,800円)

■初回仕様    スーパージュエルケース

■初回特典    解説書(24P)

■毎回封入特典 ライナーノート(8P)

■毎回映像特典 次巻予告PV ※レンタルDVDは、収録されません。

今すぐ予約行動を開始せよ!
とのこと。解説書も付いているようだし、これは買いですな!

にほんブログ村 アニメブログへ

posted by jack at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

オープニング「DAYBREAK’S BELL」(L’Arc~en~Ciel)

機動戦士ガンダム00のオープニングとして、L’Arc~en~Cielの「DAYBREAK’S BELL」が使われている。

「Daybreak's Bell」とは「夜明けの鐘」といったような意味だが、アマゾンの商品説明によると、
…「ダークでシリアスな音像を導くギター・フレーズからスタートするこの曲は、kenによる"美しい憂鬱"とでも言うべきメロディ・ラインと"いつまでも争いをやめない、悲しい人間の性(さが)"をテーマにしたhydeのリリックが完璧に溶け合ったミディアム・チューン。特に「ねぇ 人はどうして繰り返し過ちを重ねてく?/進化しない誰もに流れるこの血が大嫌い」というラインは、真の平和からどんどん遠ざかっていく'00年代の世界、そこで暮らす我々の心に深く刺し込んでくる。…
とのこと。

1回聞いただけでは分からなかったけれど、そんなメッセージが込められているとは!

参考リンク:歌詞@Uta-Net



にほんブログ村 アニメブログへ
 
posted by jack at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。